女将の日記

12-02-23

オペレッタ 養老物語

先日、地元の小学6年生達による’オペレッタ 養老物語’ が上演されました。毎年行う恒例行事の一つです。 養老の滝に昔から伝わるお伽噺を子ども 達が音楽劇にして演じるのですが、とても良かったです(^-^) 養老の山や滝から流れおちる清流、四季の移り変わりの美しさ…などなど、自然に感謝する心。 養老の名の如く、お年寄りを大切にする心、そして思いやりの心。 当たり前のことを当たり前に行うことの大切さ。 ふるさとを誇りに思って、大切にしていきたい。

明るくて元気いっぱいな劇でした(^-^)

成長して、いつかこの土地を離れる時があったとしても、この日の出来事は心の片隅に残っているんだろうなぁ…(^^)

うちの次男くんも、頑張ってました♪涙腺ゆるみっぱなしでしたけど、みんなみんな良かったです(^-^)