千歳楼の館内

大広間 浴室 一階和室 桜の間 竹の間 楓の間 袖の間 松の間

館内見取り図

千歳楼のお部屋には、ひとつひとつに「いわれ」があります。明治から平成の時代を変わることなく静寂に見守り続けた歴史あるお部屋でおくつろぎください。

部屋名をクリックすると各部屋の詳細が切り替わります。

  • 袖の間
  • 楓の間
  • 松の間
  • 竹の間
  • 桜の間
  • 大広間
  • 一階和室
  • 風呂

- 桜の間 - 詳細を見る

桜の間

八帖の和室で「桜」の木々が二方向に面した庭園から眺められるので、桜の間と命名された。節のある杉丸太の床柱と床框、網代の腰板付き障子、じゅらく塗りの壁と重ね板の棹縁天井から構成されている。天井高は、九尺(約2.7m)である。縁側は、ガラス障子にガラス入り欄間と外光を取入れた明るい意匠で、細丸太の垂木と、のね板による化粧屋根裏天井である。

襖・障子

縁側との境は、腰下が網代で上部に和紙を貼った腰板障子である。前室と桜の間境は中央に切取り障子を入れた襖障子で、周囲に草の絵が描かれている。

天井

ケヤキの天井板を重ね貼りした棹縁(さおぶち)天井である。羽重ねでなく交互に重ね貼りした意匠と、貴重なケヤキ板の化粧板貼りが特徴である。

床の間

節のある杉丸太の床柱と床框で、薄縁(うすべり)敷の床である。壁は、じゅらく塗りである。

縁側

腰下は卍(まんじ)くずしの手すり付ガラス戸、腰上は引き違いガラス障子、欄間はガラス入り障子である。窓上部長手方向の桁は通し丸太で北山杉、細めの北山杉丸太の垂木と、のね板天井で構成された化粧屋根裏天井である。

- 竹の間 - 詳細を見る

竹の間

八帖の和室で「竹」をテーマにした意匠でまとまり、床柱、落掛、天井、障子などに竹材を多用し、襖絵なども細い竹の絵になっている。床の間の対面に丸窓があり、壁止めや腰壁に竹材を使用している。天井高は、九尺(約2.7m)である。縁側は、ガラス障子にガラス入り欄間と外光を取入れた明るい意匠で、細丸太の垂木と、のね板による化粧屋根裏天井である。

襖・障子

前室と廊下境と押入の襖障子は、春慶塗の枠に細竹の絵を描いている。前室と竹の間境は、中央に切取り障子を入れた襖障子で、周囲に細竹の絵が描かれている。

天井

竹の網代板を床の間と平行に煤竹(すすたけ)で押さえた棹縁(さおぶち)天井で、統一した意匠でまとまっている。網代天井板が不陸になったため、細い煤竹で下がりを防いでおり、かえって間延びした意匠を引き締めている。

床の間

床框のない踏込床で、原叟床(げんそうどこ)である。竹の床柱は落掛までの節を九とし、落掛は節を七として、奇数(慶事の数)にしている。床板は、栃の木(とちのき)一枚板で貴重である。壁は、じゅらく塗りである

縁側

腰下は卍(まんじ)くずしの手すり付ガラス戸、腰上は引き違いガラス障子、欄間はガラス入り障子である。窓上部長手方向の桁は通し丸太で北山杉、細めの北山杉丸太の垂木と、のね板天井で構成された化粧屋根裏天井である。

畳

ここの部屋だけ半帖畳である。わざと畳の半分を交互にし、半畳を商売繁盛とかけている。現在は、沖縄畳を使用している。

- 楓の間 - 詳細を見る

楓の間

八帖の和室で、踏込床板の吊床(つりどこ)、地袋天板が矩の手(かねのて)に伸び天袋を設け、網代の腰板付き障子、じゅらく塗りの壁と棹縁天井から構成されている。
天井高は、九尺(約2.7m)である。
縁側は、ガラス障子にガラス入り欄間と外光を取入れた明るい意匠で、細丸太の垂木と、のね板による化粧屋根裏天井である。

天井

上質な薩摩杉の天井板貼りの棹縁(さおぶち)天井である。現在では貴重な薩摩杉の化粧板貼りが特徴である。

縁側

腰下は上下二段の引き違いガラス障子、腰上はコンポジション様式(P.モンドリアン)の引き違いガラス障子、欄間はガラス入り障子である。(様式・意匠からすると比較的新しいかもしれない。)窓上部長手方向の桁は通し丸太で北山杉、細めの北山杉丸太の垂木と、のね板天井で構成された化粧屋根裏天井である

その他

「翠声(かわせみのこえ)」
(書者不詳)の書幅がある。

- 松の間 - 詳細を見る

松の間

八帖の和室で、「松」をテーマにして使用材料と意匠をまとめた部屋である。一間(約1.8m)の床の間に付書院(つけしょいん)があり、地袋付の床脇がある。
腰板付き障子と欄間障子、じゅらく塗り壁と棹縁(さおぶち)天井で構成されている。
天井高は、九尺(約2.7m)ある。
縁側は、ガラス障子にガラス入り欄間と外光を取入れた明るい意匠で、細丸太の垂木と、のね板による化粧屋根裏天井である。

床の間

赤松の床柱と落掛、松の床框でまとめ、薄縁(うすべり)を敷いた床の間である。窓側に付書院があり、一枚板の欄間とたて格子の障子を入れている。壁は、じゅらく塗りで、脇床の境に神代杉の六角枠で抜いた明かり取りがある。

天井

薩摩杉か屋久杉の天井板を貼った棹縁(さおぶち)天井である。屋久杉ならば現在では手に入らない貴重な材料である。

欄間

欄間は、松の葉の意匠。松ぼっくりの釘隠し。

襖・障子

縁側との境は、腰板付き横組子に和紙を貼った障子である。前室と縁側の境は、和紙を貼った障子と栃の木の板を市松模様に組み合わせた建具で、数奇屋風の意匠である。手掛は、ひょうたんや鶴などを象ったものである。

縁側

縦桟をガラス半分ずらした引き違いガラス障子で、欄間はガラス入り障子である。窓上部長手方向の桁は通し丸太で北山杉、細めの北山杉丸太の垂木と、のね板天井で構成された化粧屋根裏天井である。床は、松の板を貼っている。

- 袖の間 - 詳細を見る

袖の間

日本画家「竹内栖鳳」のデザインによる十帖の和室で、二間(約3.6m)の踏込床、平書院に吊り棚を設け、腰板付き障子、じゅらく塗りの壁と竹内栖鳳筆絹本絵画のある折上げ天井から構成されている。
天井高は、十尺(約3.0m)ある。
縁側は、ガラス障子にガラス入り欄間と外光を取入れた明るい意匠で、細丸太の垂木と、のね板による化粧屋根裏天井である。

床の間

二間(約3.6m)の踏込床で床柱は無く、凸型窓の平書院にたて格子の障子を入れ、茶室風の吊り棚を設けている。壁は、じゅらく塗りである。

天井

明治から大正画壇の重鎮であった竹内栖鳳筆による絹本絵画を斜めに張り、和紙を平天井に貼った折上げ天井である。天井の組子が変形の井桁で、近代的な意匠である。

欄間

前室側の欄間は、竹内栖鳳デザインによる欄間である。桐材一枚板の雲を象った意匠で、天井の組子同様近代的なデザインでまとめられている。縁側の欄間は、卍(まんじ)くずしの組子があるガラス貼り障子の中に、照明器具を入れている。高さは一尺五寸(約45cm)ある。

襖・障子

縁側との境は、腰板付き縦吹寄せ組子の障子で、前室と袖の間境は、扇面の絵を描いた襖障子である。手掛は、縦長の笹(前室は鶴の型)を象っている。

縁側

腰下は外部に無双窓の付いた引き違いガラス障子、腰上は引き違いガラス障子、欄間は片引きガラス入り障子である。縁側の突き当りには、水車の輪を利用して細竹を縦に嵌めガラスを張った窓がある。窓上部長手方向の桁は通し丸太で北山杉、細めの北山杉丸太の垂木と、のね板天井で構成された化粧屋根裏天井である。

掛物

「翠嵐香」(竹内栖鳳筆)の書幅がある。

- 大広間 - 詳細を見る

大広間

床の間と脇に地袋のある和室で、東側と南側は畳の縁側になっている。縁側とを隔てる建具はなく、実際は五十帖の大広間である。畳の縁側からは、東海平野を一望でき、天気の良い日は一宮タワーから名古屋駅前のJRタワーズまで眺望できる。建具はガラス入り腰板付き障子で、ガラスは手造りなので、気泡や表面にむらがあるものの貴重なものである。天井高は、九尺(約2.7m)である。

床の間

二間(約3.6m)幅の床の間で、四方柾目(まさめ)の杉床柱と落掛(おとしがけ)、二間の長さがある黒檀(こくたん)の床框(かまち)と貴重な材料で造作されている。壁は、じゅらく塗りである。

天井

天井は、扇の散らし模様を描いた和紙を貼った襖を貼り付けた天井である。また構造的には、大屋根の棟や母屋から吊った吊天井である。

欄間

和室と畳の縁側の欄間部には、亀甲くずし模様の組子がある和紙貼り障子の中に照明器具を入れている。この意匠と造作は比較的新しいと思われる。

- 一階和室 - 詳細を見る

一階和室

床の間付の和室(十五畳)と、天袋付の和室(十五畳)とが、襖障子で隔てられている。襖障子を取り外せば、三十畳の大広間になる。東側と南側に縁側があり、よく手入れされた庭園に面している。天井高は、九尺(約2.7m)である。

書幅

「十酔楼」と書かれた書幅は、大垣藩家老職であった「小原鉄心」揮毫である。小原鉄心は、大垣市に残る煎茶の茶室「無何有荘 大醒酎(むかゆうそう だいせいしゃ)」を造った茶人でもある。また廊下には、山岡鉄舟の書もある。

- 風呂 - 詳細を見る

風呂

「養老山脈の天然水を利用したお風呂です」岐阜県には昔から「飛山農水」といわれ、豊かな自然を背景に多くの名水があり、古くから人々の生活に深く関わってきました。昭和60年に環境庁が選定した「名水百選」に選定されました。中でも養老の滝の涌き水は、考子伝説がある涌き水であり、約1200年前、元正天皇が年号を「養老」と改めたという故事があります。その地下水をくみ上げ、千歳楼の歴史ある浴室で皆さまにくつろいでいただいております。